交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

よく読まれるカテゴリー
あなたを待っている人がいる 今日も笑顔で安全運転

当サイトには、主に3つの目的があります。

1. 交通事故被害者が自ら保険会社と交渉をするにあたり有益な情報を配信すること
2. 当協会がオススメする交通事故専門の弁護士を交通事故被害者の方にご案内すること
3. 交通安全、交通事故防止に関するデータやニュースをお伝えすること

本来、上記の中でもっとも優先順位が高いと思われるものは「交通安全、交通事故防止」です。何故なら、3が正しく行われ、すべての人が交通安全、交通事故防止に取り組んでくれたなら、おそらく1と2は不要だからです。交通事故の被害者や加害者にならずにすむのであれば、それに越したことはありません。しかし、平成28年は3,904人の方が交通事故により尊い命を奪われました。1日平均にして約10.6人(2時間半に1人)が交通事故で死亡していることになります。死亡事故、死者数は入れずに考えても年間で49.9万件を超える交通事故が発生し、61万人超の重軽傷者が存在するのです。ただ、幸いにも、この数字は年々減りつつあります。

1955〜1964年(昭和30年代)「交通戦争」と呼ばれるほど、交通事故による死亡者が増加しました。その後、交通事故死者数は1970年代にピークに達し、徐々に減少します。そして、1980年代より再び増加に転じ、1988年(昭和63年)に1万人を超え、「第二次交通戦争」ともいわれる状況になりました。それが今や、様々な団体や企業による交通安全活動のおかげで年間で3,904人(平成28年)です。しかし、たとえこの数字が390人であろうと39人であろうと、あなたがその中に含まれないという保証はどこにもありません

交通事故があるかぎり、交通事故被害者がいるかぎり、私たち交通事故慰謝料協会は活動を継続します。後遺障害14級、あるいは非該当のケースなので専門家には相談できないと、1人でお悩みの方、後遺障害12級以上なので、専門家への依頼を検討しているが、弁護士の選定にお悩みの方、当協会は、そのような交通事故被害者の方々を全力でバックアップしております。

慰謝料と賠償金について詳しく知りたい

弁護士に頼んだら後遺障害の等級が14級から12級になりました

弁護士に頼んだら後遺障害の等級が14級から12級になりました

相手方が無免許運転や飲酒運転の交通事故、賠償はされるのか?

相手方が無免許運転や飲酒運転の交通事故、賠償はされるのか?

交通事故の被害を弁護士に依頼した後の流れと弁護士費用の目安とは

交通事故の被害を弁護士に依頼した後の流れと弁護士費用の目安とは

過失相殺とは〜歩行者×自動車、自動車×自動車

過失相殺とは〜歩行者×自動車、自動車×自動車

先日、示談してしまいましたが取り消せますか?

先日、示談してしまいましたが取り消せますか?

交通事故の慰謝料・主婦(主夫)の休業損害について教えて下さい

交通事故の慰謝料・主婦(主夫)の休業損害について教えて下さい

対保険会社について詳しく知りたい

交通事故の過失割合は誰が決めるのか?

交通事故の過失割合は誰が決めるのか?

飲酒運転で事故を起こしたら保険は支払われる?

飲酒運転で事故を起こしたら保険は支払われる?

対物超過特約とは?

対物超過特約とは?

過失割合によって保険金は減額される〜加害者が無責とされる3つの条件

過失割合によって保険金は減額される〜加害者が無責とされる3つの条件

交通事故被害者が妥当な慰謝料を支払ってもらうためにしておくこと

交通事故被害者が妥当な慰謝料を支払ってもらうためにしておくこと

交通事故損害賠償の世界は「オカシイ」のが「普通」です〜通院実績

交通事故損害賠償の世界は「オカシイ」のが「普通」です〜通院実績

交通事故全般について詳しく知りたい

業務上・通勤途中の交通事故は労災保険

業務上・通勤途中の交通事故は労災保険

インテル、ZMPに出資 自動運転技術開発を加速

インテル、ZMPに出資 自動運転技術開発を加速

【神戸地裁】自転車事故 母親に9520万円賠償命令(過去最高)〜自転車保険の必要性

【神戸地裁】自転車事故 母親に9520万円賠償命令(過去最高)〜自転車保険の必要性

DRIVE&LOVEは、みんなで交通事故ゼロを目指すプロジェクト

DRIVE&LOVEは、みんなで交通事故ゼロを目指すプロジェクト

秋は夕方の交通事故死が多い?〜視力低下と反射材

秋は夕方の交通事故死が多い?〜視力低下と反射材

交通事故の加害者になった場合に知っておくべき対処方法

交通事故の加害者になった場合に知っておくべき対処方法

交通安全について詳しく知りたい

平成25年の交通事故死者数は4,373人〜13年連続で減少

平成25年の交通事故死者数は4,373人〜13年連続で減少

ニュージーランド交通事故CM

ニュージーランド交通事故CM

電気自動車の「静音性と危険性」

電気自動車の「静音性と危険性」

忘れがちな交通規則、減光等義務違反の点数と罰金

忘れがちな交通規則、減光等義務違反の点数と罰金

踏切で一時停止する意味を考える〜あなたが意識するだけで事故のリスクは激減する

踏切で一時停止する意味を考える〜あなたが意識するだけで事故のリスクは激減する

ニルス・ボーリンとV型3点式シートベルト

ニルス・ボーリンとV型3点式シートベルト

トピックス
【兵庫県】田中・大村法律事務所を掲載しました。弁護士
2018年12月1日
【大阪府】弁護士法人川原総合法律事務所を掲載しました。弁護士
2018年12月1日
【東京都】虎ノ門法律経済事務所 池袋支店を掲載しました。弁護士
2018年11月1日
【岡山県】さわはた法律事務所を掲載しました。弁護士
2018年10月1日
【神奈川県】田中孝佳法律事務所を登録しました。弁護士
2018年5月1日
*