交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通安全

夏の交通事故防止運動

夏の交通事故防止運動

皆様こんにちは。

梅雨も終盤を迎えている中、台風も発生し、ジメジメした日が続きました。この様な環境では、気分も注意力も落ちてしまいがちです。どのような状況でも安全運転を心掛けましょう。

時が経つのは早いもので、もうすぐ夏がやってきます。そして、一部の地域では実施しているようですが、夏の交通事故防止運動が実施されます。

交通安全運動が実施されている中で、神奈川県では「安全は心と時間のゆとりから」「交通ルールを守って夏を楽しく安全に」のふたつが、今季の交通安全スローガンとして挙げられています。

6月1日に道路交通法が改正され、自転車の規制が厳しくなったので、いつにもまして警察官の目が光るのではないでしょうか。隠れて見えないところから監視されています。声をかけられないように気を付けて下さい。

このスローガンについてですが、確かに、交通事故においてはもちろん、その他のすべてにおいてもゆとりは大事です。焦っていると視野が狭くなり、運転中や歩行中は、交通事故の確率は上がります。仕事などでもいえることですが、効率も悪くなってしまいます。

一時期、義務教育の中に、ゆとりを組み込んだ教育が実施されていましたが、「ゆとり」を、はき違えてしまう生徒も多く、結果的にいい評判はあまり聞かず、廃止されてしまいました。何事にも限度があり、適度がいいのですが、適度にゆとりを持つということは、個人の性格などが大きく関わってくるので、どんなことがゆとりなのか、考え方がバラバラです。単純にゆとりを持つということは、思っているより難しいのかもしれません。ゆとりとは、大きく言えば、楽な方向にもっていくということではなく、心の余裕を持つということです。

そして、夏に入るに伴い、もう少しで学生が夏休みに入ります。仕事をしている方の夏休みは学生よりも短いため、日常生活に(主に通勤に)学生が多くなる環境になります。お分かりかとは思いますが、確実に交通事故が起こりやすくなる状況が増えてしまいます。子供たちは、危険予測が不十分である可能性が高いです。私たちはより一層、気を配るアンテナの範囲を広げ、「かもしれない運転」を心掛けなければなりません。

 

私たち大人の意識を高め、子供たちを守り、そして全ての人にとって、心の余裕を持ち、夏を楽しく安全に、いい思い出を作っていきましょう。

*