交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会|妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会|妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故全般

お見事!幅寄せで二次災害を回避させたトラックドライバー

お見事!幅寄せで二次災害を回避させたトラックドライバー

1週間ほど前、ようやく少しは暖かくなってきたと思ったら、ここ数日で気温も下がり、東京は雨が降っております。雨が降っている日は視界悪化に伴い、ヒヤリハットも増加するので、お車だけではなく、バイク、自転車、歩行者すべての方々にご注意いただきたいと思いいます。

ところで、少し前に話題になった動画ですが、皆様にご紹介したいと思います。まずは、こちらをご覧下さい。


普段、お車を運転されない方は「えっ、なにこれ、幅寄せ?」と、一瞬ワケが分からないかもしれません。

これ、実は、左車線を走るトラックドライバーが先に前方の事故車を発見、死角に入っているため、そんなことを知る由もなく、追い越し車線を走り、加速したままカーブに入ろうとする車に気付き、強引な幅寄せをして減速させています。

直接、トラックドライバーの方にお聞きしたわけではありませんので、当時の心境や状況は分かりかねますが、おそらく、次のようなものだったと推測します。

あっ、カーブに事故車が、、、
サイドミラーあるいはバックミラーを見ると、追い越し車線に車が!
あの車(追い越し車線を走る車)おそらく、気づいていない!
このままでは危ない!
えぇい、幅寄せで一気に減速させるしかない!

動画を何度も観て、想像するに、おそらくその間、2秒前後でしょうか。

プロドライバーの咄嗟の機転で二次災害は回避できました。このとき、追い越し車線を走る車は隣にこのトラックが走っていたことに救われたようです。動画をよくみると、事故車近くに人が歩いていますので、この追い越し車線を走る車が事故車に突っ込んでしまっていたとすれば、この人も無事では済まなかったでしょう。

あなたがこのときのトラックドライバーだったとしたら、同じような判断・行動ができたでしょうか?少なくとも、私にはまったく自信がありません。

大変素晴しいプロドライバーの動画ご紹介でした。皆様もどうか安全運転でお願いいたします。

弁護士法人ベリーベスト法律事務所
*