交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故全般

対物超過特約とは?

対物超過特約とは?

交通事故の際に、経済的全損が発生する可能性があります。これは壊れた自動車の修理費用が100万なのに対して、自動車の市場価格が70万程度の時に起こる問題です。原則として、加害者が支払う損害賠償の金額は市場価格が適応されます。修理費用を全額請求することが出来ないので、しばしば被害者と加害者でトラブルになってしまいます。

こうしたケースで利用したいのが対物超過特約です。

対物超過特約とは

この対物超過特約とは、市場価格を超える損害が出た場合に超過費用を保険金で支払うものです。

分かりやすい例を挙げましょう。

交通事故が起きた場合

まず、交通事故が起きて自動車が全損と判断されます。事故車の市場価格は70万で、修理費用が100万だとしましょう。そうなると保険で支払われるのは70万までとなり、残りの30万は加害者の負担となってしまいます。ここで役立つのが対物超過特約です。これに加入していると、市場価格を超えた修理費用も保険で支払えるようになるのです。大抵の対物超過特約は上限が50万ぐらいなので、それ以上の補填は期待出来ません。

自分の自動車が古いタイプの場合

自分の自動車が古いタイプで、修理してでも乗り続けたいなら入って置く方が良いでしょう。また、交通事故の際に相手の自動車がクラシックカーであることを想定すると、加入しておく方が安全だと言えます。

被害者側は、加害者が対物超過特約を利用するように促すのも良いでしょう。対物超過特約を使用するのを拒む加害者も居るのですが、被害者側から使用を強制することは出来ません。十分な修理費用を受け取れていないのなら、保険会社に対して説得を求めるのも有効な手段です。

交渉がうまくまとまらず長期化するようなら、弁護士等へ相談することも視野に入れましょう。そこまでの想いが無いようなら、事故車の市場価格の損害賠償のみを受け取って、新しい自動車を購入する方が無難です。

経済的全損の時のトラブルに対処するためにも、対物超過特約への加入を検討してみてはいかがでしょうか?

弁護士法人ベリーベスト法律事務所
*