交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を弁護士に相談!

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を弁護士に相談! | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

過失割合

【過失割合】一方が優先道路である場合(信号機がない交差点)

【過失割合】一方が優先道路である場合(信号機がない交差点)
基 本 Aの過失 10 Bの過失 90※1
修正要素 ※2 Bの明らかな先入 +10
A大型車
Aの著しい過失 +15
Aの重過失 +25
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -15

「/」は修正要素として考慮しないものとする。
「優先道路」とは、道路標識などにより優先道路として指定されているものをいう。また、車両の通行を規制する道路標識などによる中央線または車両通行帯が設けられている道路。
※1:優先道路を通行している車両は、見通しのきかない交差点においても徐行義務はない。(法42条1号)しかし、その場合でも法36条4項による注意義務は要求されている。ここでは通常の基本割合を設定。
※2:修正要素の意味・内容については「信号機により交通整理の行われていない交差点における事故〜同幅員の交差点」を参照。

参考:判例タイムズ

弁護士法人ベリーベスト法律事務所
*