交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故全般

インテル、ZMPに出資 自動運転技術開発を加速

インテル、ZMPに出資 自動運転技術開発を加速

米半導体大手のインテルは6日、自動車の自動運転技術を開発する日本のベンチャー企業ZMP(東京都文京区)への出資を発表した。投資額は明らかにされていない。

インテルは自動運転を「世界的に有力な革新技術分野の一つ」と位置付け、「ZMPが開発を次の段階へ進められるよう支援する」とのコメントを発表した。

ZMPは、車に搭載したセンサーやカメラを用いてハンドルやアクセルを最適に制御する技術の開発に定評があり、国内の自動車メーカーをはじめ、大学、研究機関にシステムの導入実績がある。

ZMPはインテルからの出資を受け入れることで、同社の持つ大量情報の高速処理技術を取り込み、自動運転の性能をさらに高める。車の自動運転をめぐっては、IT企業の米グーグルが開発に力を入れている。

車載センサーと3次元地図を組み合わせた自動運転技術は安定性が高く、開発競争で一歩リードしている。日本の自動車メーカーではトヨタ自動車や日産自動車、ホンダも開発するなど、業界を超えて競争が活発化している。

Sankei Biz

数年前からGoogleをはじめ、世界各国で自動運転技術の研究・開発が進んでいます。「ロボット」や「システム」というものは、非常に利便性が高く、これまでの人類の発展に大いに貢献してくれているといっていいでしょう。

私たち消費者は、ある程度完成された状態の製品やサービスにしか触れる機会がありませんので、そこに至るまでの専門家や研究者・開発者たちの並々ならぬ努力を忘れがちです。また、1つの成功がそこにあれば、その影には数えきれないほどの失敗があるはずです。

「目が見えなくても運転できる車?」「ハンドルから手を離していても平気だって?まさか!」そのお気持ちは分からなくもありません。しかし、今ではどこでも見かける「コンビニエンスストア」も普及する前は「夜中に買い物に来るお客さんなんているはずがない」と言われていましたし、少し前までは地球が丸いなんてことも知りませんでした。

安土桃山時代に織田信長がポルトガルの宣教師ルイス・フロイスに丸い地球儀を贈られたとき、(ルイス・フロイス著「日本史」)おそらく織田信長は自分が住むこの地球が丸いなんてことは信じられなかったはずです。

科学技術で月にまで行けてしまう時代ですから、自動運転技術はそれほど衝撃的な話題ではないにせよ、人類の未来を切り拓くきっかけになることは間違いないでしょう。

織田信長は地球が丸いということをイメージできなかったと思いますが、私たちは自動運転技術をイメージできますよね。それはきっと、技術者や開発・研究者たちがこれまで私たちにさまざまな体験をさせてくれているおかげです。

まだまだ問題も山積みだとは思いますが、1日も早く、そして一歩でも未来に近づくために微力ながら私たちも自動運転技術の開発・研究を応援し続けていきたいと考えております。

弁護士法人ALG&Associates
*