交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故全般

交通事故後、被害者はどのようなことに困るのか?〜被害者アンケート調査

交通事故後、被害者はどのようなことに困るのか?〜被害者アンケート調査

おはようございます。今日は、2014年04月26日ですから、今年は残り250日(あと68.4%)ということになります。もう、ゴールデンウィークの季節ですね。本当に時が経つのは早いものです。さて、本日は、「実際に交通事故に遭った被害者は、事故後、どのようなことに困ったのか?」という内閣府が行ったアンケートがありますので、その一部を解説付きでご紹介したいと思います。

※詳しい調査方法等につきましてはこちらをご参照下さい。
共生社会政策統括官 交通安全対策(外部リンク)

1.事故後どのようなことに困ったのか

  • 1位 精神的なショックや苦痛 75.8%
  • 2位 身体的な苦痛や障害 55.5%
  • 3位 家事育児の負担 43.0%
  • 4位 示談交渉や民事訴訟などの負担 38.5%
  • 5位 医療費や失職などの経済的負担 32.7%

当協会にお問い合わせが多いのは、「精神的なショックや苦痛」は、もちろんのこと、本アンケート4位の「示談交渉や民事訴訟などの負担」についてです。やはり、個人が、しかも、突然の交通事故でショックも大きい中、示談交渉等もご自身で行うとなると、その負担の大きさは計り知れないものがあります。

交通事故案件に強い、各法律事務所が無料相談を行っていますので、是非ともお気軽にご相談・お問い合わせいただければと思います。

2.事故後、問題を感じた事柄はなにか

  • 1位 事故の相手方(加害者)との関係 45.2%
  • 2位 保険会社や相手方の弁護士との関係 38.3%
  • 3位 家族との人間関係 16.5%
  • 4位 病院・医療機関との関係 15.8%
  • 5位 親戚との人間関係 11.9%

多くの交通事故被害者に共通していえることは、交通事故に遭うと、知らないことがどどどっと一気に押し寄せ、早急な対応を迫られます。精神的にも、かなり疲弊します。保険会社への対応(ときには質問攻めに遭うことも…)、相手が弁護士を立ててきた場合、どのように対処すべきか?

また、後遺障害の認定を受けるためには、後遺障害診断書というものを主治医に書いてもらうのですが、それを書いてもらうためには主治医としっかりとコミュニケーションをとっていなければなりませんし…

そういう対処に疲れ果て、半ば投げやりな気持ちで「もう面倒なことはさっさと終わらせたい」と、完治していないにもかかわらず、示談に応じてしまうケースも少なくありません。

そのお気持ちは十分理解できますが、一度、当協会もしくは、当協会がおすすめする全国の交通事故に強い弁護士・法律事務所に問い合わせてみて下さい。もちろん、お問い合わせ・ご相談は無料ですし、たった1本の電話、たった1通のメールをすることにより、1人でずっと悩まれていたことはあっけなく、すべて解決されるケースもございます。

交通事故に限らず、不測の事態に陥ったときは、「専門家に相談してみること」これが往々にして近道だったりするものです。

弁護士法人ALG&Associates
*