交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通安全

6月1日に道交法が改正され自転車の取り締まりが強化されます!

6月1日に道交法が改正され自転車の取り締まりが強化されます!

こんにちは。

前の記事でも書きました自転車運転手に対する安全講習の義務化が、6月1日に施策されます。これは、道路交通法が改正され、自転車の取り締まりが大きく強化されるということです。

最近でも、道路交通法が何度か改正されていますが、安全運転をしている人にはあまり関係がなく、知らず知らずのうちに改正されていた、ということがあったと思いますが、今回の改正では、皆が大きな影響をうけるのではないでしょうか。

どんな運転が違反になるのかをもう一度確認しておきましょう。

  • 信号無視
  • 酒酔い運転
  • 一時停止違反
  • ブレーキがない自転車での運転
  • スマホを操作しながら自転車を運転し事故を起こした場合
  • 通行禁止違反
  • 歩行者専用道路を通行した場合
  • 自転車の通行が認められていない歩道を通行した場合
  • 歩道での徐行違反
  • 信号機がない交差点で優先道路通行車(左方優先)を妨害した場合
  • 交差点で右折する際、優先通行車(直進や左折)の進行を妨げた場合
  • 歩道での歩行者妨害
  • 遮断器が降りた踏切への立ち入り
  • 環状交差点での安全進行義務違反

この14項目がありますが、警察官が危険運転と判断した場合は、違反とされてしまうので注意が必要です。警察官も、法律上でしっかりと取り締まれるということになるので、これからは、さらに警察官からの自転車に対する視線が厳しくなると思われます。

6月1日以降、この道路交通法が施策され、取り締まられる人が増え、トラブルも多くなることでしょう。警察官に目を付けられる前に、もう一度自分の自転車運転を見つめ直し、意識を高く持って、自転車の安全運転を習慣化していきましょう

弁護士法人ベリーベスト法律事務所
*