交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会|妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会|妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故全般

未来型自動車保険「テレマティクス保険」国交省も後押し

未来型自動車保険「テレマティクス保険」国交省も後押し

こんにちは。運転中の花粉症はつらいですよね…4月の後半になり、だいぶ落ち着いてきてホッとしています。

今回は『テレマティクス保険』についてお話しします。
まだ聞き馴染みがない言葉ですが、この保険が近々、本格的に普及しそうです。
皆様は自動車保険に加入されているかと思います。
日本での自動車保険料の価格は免許証の色や、年齢、最近では走行距離によって変動しますよね。
ですがこの『テレマティクス保険』は、今ある自動車保険とは違い、「安全に運転する人」ほど料金が安くなる自動車保険なのです。

このテレマティクス保険の先進国はアメリカやイギリスで、普及率を少しずつではありますが、上げているようです。
ここ最近の日本は、カーナビや車載カメラなどの技術も進化しています。
そのすごい量の情報を何かに利用できないかということで「テレマティクス保険」が提案され、国土交通省もその案を後押しし、今注目されています。
現在、日本ではまだ本格普及されていないようです。(2015.4.)

この「安全に運転する人」の判断基準は、急ブレーキや急発進の回数などを、専用の測定器やカーナビ、車載カメラなどで判断し、情報を収集、集計し算出されます。

この現代ならではといった、情報があふれる世の中をうまく利用した保険だと思います。
このテレマティクス保険普及によって、保険料を安くするために、皆が安全運転するようになり、それに伴い事故も減る、そして悲しむ人が減り、さらに平和になる。
いいことづくめのこの未来型自動車保険。普及もそう遠くはないと思います。

皆様もこの先。テレマティクス保険が本格普及することを想定し、今から安全運転を心がけましょう!

弁護士法人ALG&Associates
*