交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故慰謝料とは

  • HOME »
  • 交通事故慰謝料とは

交通事故慰謝料とは、厳密にいうと交通事故被害者であるあなたが保険会社から支払ってもらうべき賠償金の項目のひとつです。自分が支払ってもらうべき項目を知り、それぞれの簡単な計算式のもと、妥当な賠償金を把握しておけば、保険会社に提示された金額に対しても「内訳は?」と問うことができるのです。

ですから、ここでは交通事故被害者の皆さんに自身が支払ってもらうべき賠償金の全項目をご説明いたします。

交通事故の賠償金内訳〜慰謝料は賠償金項目の中のひとつです

皆さんがよく言う「交通事故の慰謝料」とは、多くの場合、「賠償金全体」を指しているようですが、「慰謝料」は賠償金の一部であることを理解しておきましょう。賠償金の内訳は下記のとおりです。

  1. 治療費
  2. 入通院慰謝料
  3. 通院交通費(過剰なタクシー利用にはご注意下さい)
  4. 休業損害(休む必要性を認められた場合)

あなたの「後遺症」が「後遺障害」として認定されたときには、上の4項目に加え、「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」が別途支払われます。

こちらもご参考にされて下さい。
後遺障害慰謝料について

請求する妥当性と内訳を明確にしておく

前項でご説明したように「慰謝料」=「賠償金」ではないということがお分かりいただけたと思います。なぜ、それぞれの項目を知っておく必要性があるかというと、勘違いをしている、あるいは、間違った知識をもとに増額交渉してくる交通事故被害者を保険会社の担当者は相手にしないからです。このような言い方をすると、少し語弊があるかもしれませんが、実際に示談交渉や後遺障害申請に関わるアドバイスなどをしていて、私たちはそのように感じています。

ですから、保険会社をはじめから敵視するのではなく、そもそも自身が主張していることは道理にかなっているのかを考え、正しい知識や計算方法を知り、それを正しいプロセスを踏んで請求すれば、保険会社もそんなに無茶苦茶なことは言いません。中には、そのようにしても無茶苦茶なことを言う担当者もいますが、ほとんどの場合、許容範囲の妥協点を提案してきます。これも、日頃、示談交渉のアドバイスをしている私たちが感じていることです。

交通事故に強い弁護士全国一覧



ドライブにはラブがいる。
弁護士費用特約

問題解決カテゴリー

知っておこう!保険の話
交通事故に強い弁護士
PAGETOP
Copyright © 交通事故慰謝料協会 All Rights Reserved.