交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会|妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会|妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故全般

お隣り韓国ソウルの交通事情

お隣り韓国ソウルの交通事情

ようやくきれいな桜が見られると思ったら、もう散り始めていますね。本当に桜というものは儚くも、勇気づけられ、日本人にはなくてならないものだと感じます。先月、協会の数名がお隣り韓国のソウルに行って来ました。(筆者はおいてけぼり)そして、相変わらず韓国の「モノスゴイ」交通事情に驚かされたみたいです。

たまに海外旅行に行ってまで、「向こうで車を借りて運転したい」等という人がいますが、韓国にいたっては絶対にやめておいたほうが良いでしょう。韓国のソウル(ソウル特別市)の人口はおよそ1,000万人。(東京1,300万人)中心地には地下鉄が走っています。地下鉄を利用している人もとても多いようです。しかし、タクシーを利用する人も非常に多く、いわゆる「ちょい乗り」する人もたくさんいます。

そんな車社会の韓国ソウルで共通していえることは、(日本と比較して)「運転がかなり荒い」ということです。もちろん、個人差はありますが、経験すれば、ほとんどの日本人の方がその認識で一致するでしょう。韓国ソウルのタクシーは時間と距離です。ドライバーさんにとって、速く走って良いことは何もないはずですが、中にはタイムトライアルでもしているのかというくらいスピードを出す方もいらっしゃいます。

そして、普通の日本人の方なら「いや、この道は行けないね、幅がほら、これ、無理でしょ」といってバックで引き返すところ、どうやら撤退の二文字はないようで、ガンガン入っていきます。車の側面を多少ガリガリやってしまうことなんて日常茶飯事です。ですから、昔ほどではありませんが、今でも車の側面に青いスポンジ(擦り傷防止・軽減)をいくつも付けて走っていたりします。

「そんなにスピード出して、運転が荒いドライバーが多いのであれば交通事故も多いのでは?」と思いませんか?

それが不思議なんです。私たちは仕事やイベント参加の都合上、年に2〜3回程度、協会から数名渡韓しています。現地での滞在日数も3〜7日程度。なのに、見ないのです。交通事故現場を。はじめはオカシイなと思っていましたが、現地の交通事故団体の方からお話を聞いて納得しました。

やはり確かに事故は多いようです。多いのですが、統計に出ていない数字も多いとのことでした。どういうことかというと、事故が起きても、双方で(しかも口頭で)示談してしまうか、曰く「ちょっとぶつかったくらいであれば、そのまま行っちゃう人も少なくない」とのこと。こ、これは少し怖いですよね。

そして、今回のメンバーのうち2名が帰りの金浦空港に向かう途中、接触事故を目撃したそうです。ぶつけられた車はテールランプが割れて破片が道路に落ちたにもかかわらず、一度はスピードを緩めたもののそのまま行ってしまい、ぶつけた方も「あぁぶつけちゃったよ」という表情を見せたものの、相手がそのまま行ってしまったので、そのまま走り去ったということです。目撃したスタッフ曰く、両者が止まらなかったのがごく自然に見えたということです。

そして、韓国のドライバーさんは言います。「日本は安全運転。アジアでは韓国2番。中国はもっと怖い運転だよ」いやはや、タクシーに乗るにも細心の注意をしたほうが良さそうです。

弁護士法人ALG&Associates
*