交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会|妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会|妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故全般

【2014年上半期】交通死者数、交通事故件数、交通違反取締り件数

【2014年上半期】交通死者数、交通事故件数、交通違反取締り件数

お盆休みも終わり、日常に戻られている方が多いと思いますが、お盆休み中も事故なく、有意義な時間をお過ごしいただけたでしょうか?お盆休みのような期間は特に交通事故も増加傾向にあります。さて、道路交通法違反取り締まり状況に関して、2014年上半期(1〜6月)分が警察庁から発表されていますので、ここで少しご紹介させていただきます。

交通事故発生件数は前年同期比8.5%減の27万7591件ということです。死者数は同3.9%減の1,925人と、2期ぶりに減少。負傷者数も同8.9%減の34万2656人でした。死者数を年齢層別によると、65歳以上の高齢者が994人と全体の51.6%を占め、同4.8%減。死者数の状態別では、歩行中が最も多く697人で全体の36.2%を占めています。

さて、ここで私たちが気になるのがシートベルトの着用率です。自動車乗車中の死者数のうち、シートベルト着用は50.8%、非着用が45.9%となっています。また、都道府県別死者数のワースト3は次の通りです。

  1. 愛知県
  2. 神奈川県
  3. 千葉県

原付以上の運転者の飲酒運転による死亡事故は120件、同11.1%減。道路交通法違反取締り状況によると、件数は7.0%減の36万6391件と減少。点数告知は同12.6%減の72万4673件、駐車違反は同8.9%減の7万6897件でした。

中でも、違反内容別で増加したのは「歩行者妨害」「一時不停止」「積載方法」だったそうです。私たちも常日頃から気をつけてはおりますが、2014年上半期のデータを見つめながら、改めて交通安全を心掛けてまいりたいと思います。

詳しいデータに関しては、政府統計の総合窓口をご覧下さい。

弁護士法人ALG&Associates
*