交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故の弁護士相談は慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を。 | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

兵庫県 / 神戸市澤上・古谷総合法律事務所

完全成功報酬制を採用。当事務所は、日常、数多くの交通事故事件を取扱い、裁判基準での示談交渉や訴訟によって、十分な損害賠償額を獲得し、各事件を解決に導き、各依頼者様のご満足をいただいております。

澤上・古谷総合法律事務所
相談無料着手金無料休日・夜間対応
所属弁護士会 兵庫県弁護士会
代表弁護士澤上 辰也  
所在地 〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番1号 KCCビル7階(神戸華僑歴史博物館のある緑色の建物です。)
受付時間 平日 9:00 ~ 20:00
※ メールは24時間受付致します。
WEBサイト http://nttbj.itp.ne.jp/0785995147/index.html

今すぐ電話で問い合わせ

078-599-5147

メールで問い合わせ

メール専用フォームへ
澤上・古谷総合法律事務所とは

≪医療機関と連携し、認定されるべき後遺障害等級を分析してアドバイスをさせて頂いております。≫

■相談料・着手金無料。完全成功報酬制を採用。
■当事務所は、日常、数多くの交通事故事件を取扱い、裁判基準での示談交渉や訴訟によって、十分な損害賠償額を獲得し、各事件を解決に導き、各依頼者様のご満足をいただいております。
■事前予約にて、平日の営業時間(午前9時~午後8時)以外、土日祝のご相談も可能です。
■電話相談、メールでのご相談も承っております。
■兵庫県外の方からのご依頼も可能です(経済性の点からお受けできない場合もご座います。)。
交通事故に遭われた時、是非一度お気軽にご相談下さい。


【相談例】


例えば・・・
・交通事故の被害に遭った後、いつ頃相談すればよいのでしょうか。
→将来の適切な金額での損害賠償を行うために、受傷直後から、治療先医療機関や検査内容の検討、事故状況の確認・証拠の収集、加害者やその保険会社との連絡調整、利用できる保険の検討等、色々な事を検討し、また、事務処理も必要となってきます。

特に、事故後、受傷の痕跡が消失してしまうものの、後遺障害の残存が予想されるお怪我をされた場合には、MRI検査等によって、積極的に証拠の収集にあたらなければならない場合もあります。

ところが、交通事故の被害に遭われることは非日常的であり、また、通常は交通事故の被害に遭う事を予想されていないでしょうから、受傷直後、どのように対応していけば良いのかよく分からない方がほとんどだと思います。このような点から、受傷直後、なるべく早い時期にご相談されることをお勧めいたします。

・保険会社より治療費打ち切り(治療中断)の連絡が来ている。
→主治医とご相談の上、まだ治療が必要と判断される場合、治療を継続するべきです。この場合の治療費の支払いや保険会社への対応等について、ご相談いただければと思います。

・保険会社より、示談書(免責証書)への署名、捺印を求められている。
→お怪我の治癒状況、後遺障害の有無とその内容、損害賠償額の内容と金額等を慎重に判断した上で、署名、捺印すべきです。中には受傷直後の医師の診断書記載の全治期間が経過すると、すぐに治療打ち切りと示談書(免責証書)への署名捺印を強く求めてくる保険会社の担当者も実際にいますので注意が必要です。これらの書類にご署名される前に、是非、一度ご相談されることをお勧めいたします。

・後遺障害は簡単には認定されないと聞きましたが。
→事故態様、後遺障害の内容、治療経過等の事情によって、後遺障害は認定されます。認定の難易度はケースバイケースです。

・認定された後遺障害等級に納得できない。
→認定された後遺障害に納得できない場合、大まかには、異議申立手続きを行うか、裁判手続きにて後遺障害等級認定を狙うかのどちらかになると思います。もっとも、より上位の後遺障害が認定されるために、必要な資料の追加をしっかりと検討しなくてはなりません。
この点については後遺障害等級認定や医学的知見を持つ弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

・弁護士に依頼すると、高額な費用が必要となり、結局、損をするのでは?
→当事務所では完全成功報酬制を採用しております。また、弁護士が介入する以前の保険会社からの提示額は、弁護士が交渉をする際の基準となる裁判基準より相当低額になっていることが通常です。そのため、一定の弁護士費用が必要になったとしても、経済性の面で十分なメリットが期待できます。また、自動車保険等に付帯されている弁護士費用補償特約が利用できる場合、ほとんどの事案で、弁護士費用をご負担いただく必要はありません。
※損害賠償額が低額なために、弁護士に依頼する経済的メリットの期待できない案件については、その旨ご説明し、受任を控えるようにしています。

・加害者が保険に加入していなかった場合、泣き寝入りするしか方法はないのでしょうか。
→加害者が無保険車や加害者不明の場合、政府保障事業という制度での一定の保障が利用できます。また被害者ご自身やご家族の加入されている自動車保険が利用できる場合も有りますので、一度、ご相談いただければと思います。

・保険会社から提示された損害賠償額が適切などうか判断できない。
→最近は、インターネット等にて簡単に情報が手に入りますので、被害者ご自身で、損害額の計算は簡単に出来るようにも思われますが、損害項目が落ちてしまっている場合等、よく見受けられますので、一度は、交通事故事件処理に精通している弁護士に、損害額をチェックしてもらうべきだと考えます。

・自分自身で、示談まで出来ると思ったが、保険会社が十分な賠償額を提示してくれない。
→残念ながら、被害者ご自身やそのご家族が保険会社と交渉を行った場合、弁護士が交渉した場合の賠償額よりも、相当低い賠償額を提示してくるのが通常です。 弁護士に示談交渉を依頼した場合、交渉の精神的負担から解放される以外に、必要となる弁護士費用以上の経済的メリットも期待できます。また、弁護士を代理人として、裁判にて解決を図った場合、損害額の1割の弁護士費用と事故日から支払日までの年5%の遅延損害金が認められます。

・保険会社から提示された過失割合に納得が出来ない。
→過失割合が争われる場合、車両の損傷状況、刑事記録、相手方の主張、過去の裁判例等に関して、専門的知識に基づく検討が必要とされますので、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

・示談交渉を弁護士に依頼することが、おおごとな気がして依頼しづらい。
→交通事故の示談交渉を弁護に依頼することは、ごく普通の事ですので、気兼ねすることなく、まずはお気軽にご相談いただければと思います。当事務所では、相談者様に、分かりやすい表現を用いてのご説明と、丁寧なかつ粘り強い事件処理を心がけています。

【当事務所の特徴】

(1)完全成功報酬制の採用
ア 相談料無料
→事前予約制、平日営業時間外、土日祝日の相談も可。電話相談、メール相談も可。
イ 着手金無料
ウ 報酬金
①後遺障害等級認定前から受任した場合
→20万円+保険会社より支払われた金額の10%+消費税
②後遺障害等級認定後から受任した場合
・保険会社から、事前の提示額が有る場合
10万円+(支払われた金額-提示額-10万円)×20%+消費税
・保険会社から、事前の提示額が無い場合
10万円+保険会社より支払われた金額の10%+消費税
※①及び②の場合で、支払われた損害賠償額が3000万円を超えた場合、超えた金額については5%+消費税。

③訴訟に移行した場合の追加報酬金
上記①、及び②に関して、1審級について20万円+消費税の追加。
エ 実費(郵便手数料、証明書交付手数料、訴訟申立手数料等)
→事件終了段階でご精算。
オ 弁護士費用保障特約をご利用できる場合、同特約での支払い基準となります。この場合、保険会社より、上限300万円まで弁護士費用が支払われることになります。
(2)多数の交通事故事件解決実績
当事務所は、常に多数の交通事故事件を取り扱い、特に後遺障害の残存する案件等について、日々、医学的知見の取得、裁判例の研究等に研鑽し、より質の高い事件処理が可能となるよう努力しています。
(3)受傷時から示談交渉または訴訟での解決までの全過程をサポート
通常の法律事務所が、交通事故損害賠償請求の事件を受任した場合、治療段階は相談者と医療機関に任せます。そして、症状固定時に作成された後遺障害診断書を自賠責保険会社に提出し、認定された後遺障害等級を前提に、損害額を計算し、加害者の保険会社と交渉を開始していく事が大半であると思われます。

当事務所では、受傷直後の、各保険会社との連絡・調整、通院先医療機関についての助言、必要な検査の依頼、残存の予想される後遺障害と症状固定時期や後遺障害診断書の記載内容等について、主治医と面談、協議させていただきます。
また、適切な後遺障害等級が認定されるよう資料を収集し、後遺障害等級認定が不十分な場合、新資料の取得や協力医のご紹介によって、異議申し立てを検討します。

そして、獲得とされた適切な後遺障害等級を前提に、裁判基準での損害額での解決を目指します。
このように、当事務所では、受傷時から示談交渉または訴訟での解決までの全過程をサポートいたします。
(4)適切な後遺障害等級が認定されるよう主治医・協力医と面談・協議いたします。
残存した後遺障害の内容によって、後遺障害診断の際に、必要となる検査内容が異なってきますが、治療先の医療機関において、これらの必要となる検査内容の全てを把握していない時が有ります。

このような場合、被害者の方から、医療機関に対して、必要な検査の実施を求めなくてはなりません。
また、高次脳機能障害等、高度な専門知識の要求される後遺障害の場合、必要な検査を実施できる医療機関が限られてくる時もあり、その他、定型化された後遺障害等級基準に直接的に当てはまらない後遺障害の場合には、認定されるべき後遺障害が何等級なのか、説明が必要となる場合も有ります。

このような理由から、治療先の医療機関に対して、後遺障害診断書の記載内容を全面的に任せてしまっては、適切な後遺障害等級が認定されない可能性が生じます。そこで、当事務所では、適切な後遺障害診断書が作成されるよう、事前に主治医との面談や連絡、協議を行っております。
(5)出張相談、兵庫県外の方からのご依頼も対応可能です。
入院やお身体の状態のために、外出が容易ではない方の場合、出張相談も承っております。また、兵庫県以外の方からの事件処理のご依頼をいただいております。
是非一度ご相談いただければと思います。(※賠償額によっては経済性の観点から、お受けできない場合もあります)。

マップ & アクセス
アクセスのご案内
電車
阪神電車 元町駅(海岸通2,3丁目側出口より徒歩3分)
地下鉄海岸線 みなと元町駅(2番出口より徒歩3分)
JR東海道本線 元町駅(西改札口より徒歩4分)
事務所概要
事務所名 澤上・古谷総合法律事務所
所属弁護士会 兵庫県弁護士会
代表弁護士澤上 辰也  
所在地 〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番1号 KCCビル7階(神戸華僑歴史博物館のある緑色の建物です。)
電話番号 078-599-5147
受付時間 平日 9:00 ~ 20:00
※ メールは24時間受付致します。
定休日 土曜日、日曜日、祝祭日

今すぐ電話で問い合わせ

078-599-5147

メールで問い合わせ

メール専用フォームへ
他の弁護士事務所も見てみる

東京都弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG&Associates

【被害者専用窓口】相談無料 着手金0円 弁護士費用は安心の後払い!しかも、増額しない場合は成功報酬はいただきません。経験豊富な弁護士とスタッフも多数在籍しております。電話でのご相談もOK。全国どこからでも対応いたします!賠償額が妥当か無料診断実施中!ご相談は24時間受付中!完全成功報酬型の料金体系で、費用の心配はありません!まずはお気軽にお電話ください!

相談無料着手金無料休日・夜間対応
代表弁護士金﨑浩之 片山雅也
所在地 新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー8F

東京都ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

【初回相談60分無料】【着手金無料】【全国対応可能】【夜間土日も対応】
※弁護士費用特約を利用される場合には、特約から相談料・着手金・報酬金等を頂戴いたします。
交通事故解決実績:4,285件以上 交通事故相談実績:44,404件以上 ※2018年8月末現在
交通事故被害でお悩みのある方、慰謝料(賠償金)の金額や後遺障害等級に不安・不満があるなら、ベリーベスト法律事務所にご相談下さい!

相談無料着手金無料休日・夜間対応
代表弁護士萩原 達也 
所在地 港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階

大阪府弁護士法人いろは(旧弁護士法人ゆう法律事務所)

弁護士法人いろは(旧弁護士法人ゆう法律事務所)

交通事故に関するトラブルは弁護士法人いろはにお任せください!交通事故事件に長年取り組んできた実績多数の弁護士が、被害者の救済のために全力でサポートいたします。
【全国対応可能】【ご相談0円】【費用は完全後払いで安心】【淀屋橋駅徒歩3分】

相談無料着手金無料休日・夜間対応
代表弁護士石原 浩史 
所在地 大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル6F

東京都弁護士法人・響

弁護士法人・響

【被害者専用窓口】【相談・着手金無料】【全国対応】【24時間365日受付】交通事故の被害者救済に注力し、ご依頼者様に寄り添って、あるべき解決を目指し、被害にあわれた全ての方にあるべきリーガルサービスを提供したい。それが弁護士法人・響のクオリティです。解決実績豊富な信頼のある事務所を目指しておりますのでまずはお気軽にご相談ください。

相談無料着手金無料休日・夜間対応
代表弁護士西川 研一 
所在地 港区赤坂7-2-21 草月会館7階
*