交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

交通事故慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を弁護士に相談!

交通事故に強い弁護士一覧

交通事故慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を弁護士に相談! | 交通事故慰謝料協会は、交通事故の慰謝料を含む賠償問題等を被害者視点から円満に解決するために必要な情報を配信します。交通事故に強い弁護士に相談してみよう!

対保険会社

軽い交通事故、物損にする?人身にする?

軽い交通事故、物損にする?人身にする?

連日暑い日が続いています。営業のお仕事をされている方などは特に大変かと思いますが頑張って乗り切りましょう。これから夏休みに入ってくると、毎年事故が増加します。理由はいくつかあると思いますが、中でも「長距離運転からくる疲労」「サンデードライバーの増加」等が夏休み期間の交通事故の主な理由です。夏休みはまだもう少し先ですが、ご家族や友人たちと楽しい夏休みの思いでをつくれるよう、今日も安全運転でお願いします。

さて、本日は当協会に相談案件として多い「軽い交通事故に遭いましたが物損と人身のどちらにするべきでしょうか?(今は物損扱いになっているようですが…)」というお問い合わせについてお話したいと思います。

そもそも、「物損事故と人身事故の違いは何ですか?」というところからご説明いたします。これは実に簡単で、交通事故で人間の身体・生命に損害が発生した場合を「人身事故」といい、交通事故でも人間の身体・生命に損害がおよばず、車や建物などの物に損害を与えた事故を「物損事故」といいます。正に呼んで字のごとくですね。

人身事故の場合には、被害者保護のため自賠法(自動車損害賠償保障法)が適用されます。この法律によって次のような3つの大きな違いがでてきます。

  1. 人身事故の場合には、自動車損害賠償責任保険にて最低限の補償は確保されるが、物損事故には自賠責保険の補償はなされない。
  2. 物損事故の場合には被害者が加害者の故意過失を証明する必要があるが、人身事故の場合には、加害者が無過失を証明しない限り、被害者に対して賠償責任を負うこととされている。
  3. 人身事故の場合には、加害車両の運転者のみならず、運行供用者(たとえば自動車の所有者など)にも損害賠償請求が可能とされている。

このお問い合わせをいただく際、「どうしたほうがいいですか?どちらが損しませんか?」と聞かれます。確かに、交通事故に遭ったうえ、賠償問題において、さらなる損をすることは誰もが嫌うはずです。(私も同じ気持です)しかしながら、交通事故に遭ったら、損得や事故の度合いは関係なく、必ず警察に届け出て、人身扱いにしてもらって下さい。これはお互いのためなのです。保険会社や加害者側の「事故も軽く、おケガもないようですし、手続も面倒になりますから、物損扱いということで…」という誘いには一切乗ってはいけません。

自分の身を守るためにも、交通事故に遭ったら必ず「人身扱い」としましょう。

弁護士法人ALG&Associates
Copyright(C) 交通事故慰謝料協会 | 妥当な慰謝料を弁護士に相談! All rights reserved.
*