相変わらず、連日の猛暑が続いておりますが、今の時期は1年の中でもっとも15歳以下のお子さんが
交通事故に遭う件数が増加します。
子どもも交通事故には十分注意しなければいけませんが、車を運転するドライバーとしてもいつも以
上に注意をして、お出かけ下さい。

雨の日に交通事故件数が増加するように、夏休み期間中も交通事故は増加します。
家族との楽しい思い出づくりに出かけたはずが…ということにならぬように車の運転席に座ったと
きは、「今は夏休みで子どももたくさん歩いているぞ。今日の運転はいつもより気をつけるぞ!」と
いう心構えで事故を未然に防ぐこともできるはずです。

また、夏のドライブでは熱中症にお気をつけ下さい。
「エアコンをガンガンにつけているから平気だよ」と思った方はご注意下さい。
なぜなら、どれだけエアコンをかけていても直射日光により体温は上昇するからです。
それに加え、「渋滞してトイレに行きたくなったら困るから」と、水分補給をしない人が意外に多い
というのも、この時期、車内で熱中症になってしまう人が多発する理由のひとつなのです。

エアコンをつけているからといって油断せず、しっかりと熱中症対策をしたうえで、おもいっきり楽
しい夏休みの思い出をつくっていただければと思います。